コンテンツへスキップ

夜用のスキンケア用品について

スキンケア用品は肌質によって分類することが多いようですが、使う時間帯によって分けることもできます。昼と夜では、お肌が必要としている成分の質はかなり違うので、使い分けは有用な手段です。夜用と昼用のスキンケア用品の違いは、UVカット成分の有無、肌の新陳代謝アップのための成分の有無などです。昼につけていたメイクを落とし、肌をリフレッシュさせる役割が、夜のスキンケアでは求められるところです。夜の間に成長する新しい肌をサポートするのが夜のスキンケア用品です。夜のスキンケア用品は保湿や保水を目的とした成分を使い、肌をしっとりした状態に保ちます。本来夜に使うべきスキンケア用品を昼間に使うと保湿力が強すぎて化粧が崩れやすくなることがあります。しみやたるみに対するスキンケアも、夜のうちに行う方が効率的です。夜用のスキンケアを選ぶ場合には、どのような効果があるのか確認しておきましょう。夜と昼とでスキンケア用品を適切に使いわけることによって、お肌のコンディションをよくしていくことが可能です。適切なスキンケアをするためには肌に合うスキンケア用品と上手に使いこなすことが大切です。市販のスキンケア用品は色々なものがありますので、肌質や時間帯に合わせて使い分けてください。