コンテンツへスキップ

便秘に打ち勝つ私の方法ーーそして最後の救世主は意外にも……

〜便秘の悩み〜
普通に食べ、普通に眠り、普通に生活をし……日々同じように過ごしていると便通には困らない。お通じは1日に1回、多い時には朝晩2回ある。だがしかし。困らないはずの便通なのに、どうやら私の腹は環境の変化や生活習慣の変化には弱いらしい。例えば、今日は忙しくてお茶を飲む時間もなかったな〜とか、昼をおにぎりとペットボトルですませちゃった、たくさん歩いたのにあまり飲み物は飲んでいないや、なんていつもと違うことをすると、その効果てきめんである。その日や次の日には早速便通がなくなってしまう。
〜便秘の原因〜
こうして便秘になった原因は、自分でも明らかなとおり水分不足である。あるいは食物繊維が足りないのだ。けれど厄介なのはここからで、ならば昨日の不足分を補えばいいんじゃないかといつもより多めに飲み物や汁物を飲んだり食べたりして体に水分を補っても、一度便秘になってしまうとまったく効果が感じられなくなる。それどころか、二日目も三日目も便秘したままになり、いよいよお腹が張ってくる。その間にいくら水分を補給してもダメで、ヨーグルトを食べてみたりバナナを食べてみたり、乳酸菌を補うとか食物繊維を補うとかを水補給と併せてしてもダメなのだ。そしてなまじヨーグルトやバナナが便秘に効いたとしても、今度は最初のあたりが固くてでなくて……トイレに30分も1時間も籠って唸る羽目になる。そうしてひどい酷い時には浣腸の世話になったことさえあるのだ。

〜便秘の対策〜
日頃の生活を変えると便秘になる、特に水分量が少なかったり野菜を食べられない食生活が続いたりすると便秘になることが分かっているので、水分と野菜は減らさないように心掛けている。そこで、朝にはトマトを1個ジューサーミキサーにかけて飲むことにした。これはどんなに忙しくても欠かさない。また、朝起きて水を1杯と毎食事の最後に1杯水を欠かさず飲むようにした。

〜対策をおこなった結果〜
こうして水分と野菜の量が劇的に変わることのない生活をつづけた結果、突発的な便秘はだいぶ解消されたように思う。それでも、予期せぬ運動量の日(いつもよりも運動量が激しく高い日)があると、便秘しそうになる。実は、そういう時にはウォッシュレットがとても良いことに最近気づいた。早めに対処するとなかなかいい。詳しくはかけないけどもこれを読んでピンと来た人は、初期ならばぜひ試してみるといいと思う。