コンテンツへスキップ

ワキガ治療の手術

ワキガ治療の方法のひとつに手術があります。ワキガ治療の中でも根本的な治療ができるのが手術だといえます。一口に手術といっても様々な方法があります。切除法は、皮脂腺や毛根など、ワキガになる元の部位を取ってしまうものです。昔はこのワキガ治療がよく行われていましたが、再発の可能性もあり今ではほとんど行われていないようです。皮膚の一部を切開して、器具を挿入し、汗腺と皮脂腺だけを取り除くという切除法も良く行われています。剪除法は皮膚を約3㎝切ってアポクリン汗腺を取り除く手術方法です。直接目で確認しながら行います。剪除法は、ワキガの治療法の中でも成功率が高いと言われています。吸引法は数ミリ切開した所に器具を挿入し、汗腺を吸引する手術方法です。皮膚を少しだけ切開し、汗腺の近くに器具を入れ、その器具から超音波を出して組織を壊すというものもあります。ワキガ治療の手術にはこのようにさまざまな種類があります。もしもワキガ治療を希望するという人は、どんな治療方法で手術を受けるか、カウンセリングなどを受けて決めるといいでしょう。どんな手術をしたら良いか迷っている人はインターネットなどで検索をすればワキガ治療の体験談などを見ることができるので調べてみると良いでしょう。ワキガ治療の手術に関心があるという人は、内容を知ることができるでしょう。