コンテンツへスキップ

たったそれだけ…!?私が便秘卒業した方法

20歳頃からかれこれ10年お付き合いしている便秘…。3〜4日おきの排便、ひどいときは5日間お通じなしなんてこともありました。
何が辛いと言われると、いざ出そうと思ったときに固くなった便によって切れてしまうこと、そして下腹部の膨満感です。
便秘によいとされる乳製品と食物繊維、もちろん試しました。継続的に何日か続けたりもしましたし、元々アスリートだった私は体を動かすのも好きだったため、社会人になってもよく運動するようにしていました。それによって摂取する水分量も増えました。
それでも全く便秘は改善されなかったのです。

食べ物にはそれなりに気を付けている、体も動かしている、そして水分もとっている…ではなぜ便秘は改善されないのでしょう。
次に私が注目したのは「生活サイクル」でした。

仕事終わりの遅い時間に夕飯を食べていた私は、朝お腹が空くことはなく、朝食抜きで仕事に出掛けていました。
そこで、朝食をとるために、夕飯を職場で早い時間にとるようにしてみました。昼夜の2食分のお弁当を持ち出勤、夕飯は遅くても22時までにとるようにしたところ、翌朝しっかりお腹が空くようになったのです。
お弁当を作るのにバタバタしていたため、朝食はフルーツグラノーラに牛乳をかけるだけの簡単なものでした。

そんな生活を数日続けると、あっという間に変化が訪れました。
あんなに頑張っても改善されなかった便秘でしたが、みるみる改善。なんと毎朝必ず出るようになったのです。
ここで初めて、便秘の原因が「朝食抜き生活」だったことに気がつきました。
それからはどんなに忙しくても朝食だけはしっかりとるようになりました。
お通じ改善しただけでなく、朝食のために夕飯を早くとるようにしたおかげか、なんとダイエットにも成功。朝食をとる、たったそれだけで毎日のお通じと、そして2か月後には8キロの減量という大成功をおさめたのでした。