コンテンツへスキップ

ニキビ地獄

ニキビ?吹き出物?とにかく、いつまでたってもニキビの呪縛から解放されません。
中学生までは、つるつる、色白の綺麗な肌だったのに、高校に入ってから、いきなりドバドバっと大量発生。良いと聞いたものはすべて試した気がします。人気の化粧品はもちろん、マキロン湿布、オロナインパック、ミューズ洗顔、肌断食、、、そんな都市伝説ケアにもすがる思いでしたが、ニキビは減らず、位置を変えながら、いたるところに発生。ニキビに悩んでから分かったことは、ファンデーションで凹凸は消えない、明るい色のファンデーションをつかうと、ニキビの赤みと凹凸のせいでくすんでみえる、コンシーラーはむしろ悪目立ちする。皮膚科にもいき、自費治療でうん十万かけても、一瞬よくなりまた悪化。人にもあいたくない、学校が終われば、すっぴんになって家にこもってました。そんなこんなで20代に突入。ある程度ニキビは減ったものの、つぎは、ニキビ跡との戦い。これまた厄介で、ニキビ跡なのか、これからでてくるのかいまいちわからない赤みで、隠そうとすればファンデーションで毛穴が塞がり、またニキビ。細かな赤みはしつこく残り、凹凸はやはり消えない。肌の綺麗さって清潔感を思わせるもの。ニキビで悩んでる人ほど肌には清潔感に、肌を大切にしてる。なのに、不潔感がでてしまう。悲しい。今は、無理に隠すと老けて見えたり、崩れたときに汚いから、あるていど、開き直りです。でも、鏡みるたびに、ムラのない肌にはあこがれます、