コンテンツへスキップ

便秘に効果のある運動はスクワット

わたしが便秘になった時に必ずする運動があります。それは少し深めのスクワットです。スクワット自体がとてもきつい運動であるので、私もその動きを正しくすることはできません。でもスクワットを正しくする必要もないと感じています。それは大切なのは、ほかのところにポイントがあるからです。便秘の解消に効果があるのはスクワットをした後に、そのまま座り込む昔ながらの「和式排便スタイル」が大切なのです。でもその姿勢を維持しているだけではだめです。やはりスクワットのように立ったり、座ったりを繰り返すことにより、腸の動きが活発化して、腸内のとどまった便がだんだんと移動してくるのです。そのためにスクワットをきちんと正確にできなくても、立ったり座ったりする姿勢を繰り返すこと。そして座り込んだ時に和式排便スタイルをとる、この二つのポイントを守ると便秘に効果のある運動になります。
どのくらいで効果があるかというと、人によって違うのですが、このスクワットの動きはなかなかやってみるときついので、一回に10回程度くらいしかできないという人もいます。その人は10回やって休憩、休憩の間に腹部のマッサージをする。そしてまた疲れが取れたらスクワットを再開ということもできますね。体力的に余裕がある人は20回くらい続けてもいいかもしれません。大切なのは、腸を動かすことなので、自分の体力を相談しながら行いましょう。またスクワットを継続して行っていると、自然に腹圧も強くなってくるので、以前に比べると普段の排便でも腹圧によって体外に押し出しやすいという効果が現れます。
すくない回数でも毎日の継続は大切です。毎日の繰り返しは便秘解消にもつながるので、続けていきましょう。