コンテンツへスキップ

便秘と腸内環境の関係

便秘でお悩みの方は男性よりも比較的女性に多くみられます。筋肉量の違いやそれに伴っての冷えなど様々な要因がありますが、女性の便秘症の方が圧倒的に多数です。便秘が引き起こすトラブルは様々で、お腹のハリやボディーラインの崩れはもちろん、肌荒れや冷えむくみなどの原因にもなります。便秘になると老廃物が体の中にたまった状態なのでそれが長く続くと体臭や口臭も関係してきます。体内にたまった老廃物が腸壁から血中に溶け出し、血流が悪くなり、冷えや内蔵機能が低下し代謝不良を引き起こします。代謝が悪くなれば肌トラブルも起きやすくなりますし、痩せにくく太りやすい体質になります。一言に便秘と言ってもそこに起こるトラブルは様々で、全てが悪循環の繰り返しです。便秘が起こる原因も様々ですが食生活の乱れや、水分不足、運動不足、ストレスなどで腸の働きが低下したり腸内環境が乱れることで便秘になってしまいます。腸内環境の乱れとは腸内細菌の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることで、便通が良い時は善玉菌が優勢の状態になっています。腸内細菌には善玉菌、悪玉菌の他に日和菌という菌があり、善玉菌にも悪玉菌にもなりうる菌で、どちらか強いほうになる習性を持っています。つまり長いものにはまかれるタイプの菌です。食生活の乱れで悪玉菌が多くなると日和菌も悪玉菌に変わってしまい、ますます腸内環境が悪化してしまいます。便秘の改善には適度に体を動かすことで、腸のぜん動運動をを促すことと腸内環境を整えることが重要といえます。腸内環境を整えるためには酵素が有効と言う事でたくさんの酵素ドリンクが発売されています。酵素は熱に弱い為生きて腸まで届くものを選ぶことが大切です。私は酵素よりも熱に強い酵母が入っているというもので、もちろん保存料や、香料などが入っていない天然の酵素を選びました。毎朝40CCくらいを少量の水で薄めて飲んでいます。毎朝自然に便意をもよおし、すっきり感もあります。肌の状態もよく冷えも少し変わってきたような気がします。