コンテンツへスキップ

薬に頼らない便秘解消法

私は長年便秘に悩んでいました。美容師という仕事上、なかなか思ったタイミングでトイレへ行ったりすることが出来ず、私の周りにも膀胱炎や便秘に悩んでいるスタッフは多くいました。
便秘になる原因はさまざまありますが、まず私自信が感じていたのは、水分をあまり多く取れていない時などによく便秘になっていました。また、トイレへ行きたいタイミングを逃すと、もうその日は便意がなかったりしていたのでやはりトイレへ行きたいタイミングが来たら必ず行けるようにしておくことも大切だと思います。また外食が続いたり、研修などで外泊するなどしたときなどは、必ず便秘になっていました。
とても症状が深刻になると市販の便秘薬を飲んだり、病院へ行って整腸剤を処方して頂いたりしていたのですが、同時に、出来るだけ薬に頼らず自分の生活を見直すなどして改善していけないか?といろいろ模索もしていました。
結果、私なりに改善したポイントは、まず朝起きた際にコップ1杯のお白湯を飲むこと。これはダイエットの目的で何となく始めたのですが、お白湯を飲むことによって腸が温められ以前よりは排便をする習慣ができました。さらには、繁忙期などは1日1回だけしか食事を取る時間がないことも多々ありました。そんなときはいつも以上に野菜を取ることが不可能だったので、市販の青汁やスティック状の青汁パウダーなどを飲み物に混ぜて飲んでいました。そうすると、かなりの確率で便秘が解消され、とても効果的でした。また、時間のあり自炊出来る時などはなるべく和食を作るように心がけ、玉ねぎや、ゴボウなど繊維質の野菜をたっぷり摂るように心がけました。私は、肉を多く食べた日などは必ず便秘になっていたので、なるべくお弁当も手作りして「少量の肉と大量の野菜」を目標に作っていました。これらの心がけにより、今ではほぼ毎日決まったサイクルでトイレに行くことが出来るようになり、薬に頼らない便秘解消法を見つけることに成功しました。