コンテンツへスキップ

便秘には食物繊維が必要

便秘を解消するには食物繊維がいいというけれど、なかなか自炊をしていると食物繊維を多く含むごぼうやれんこんを使用することって難しいです。またごぼうやれんこんを使用すると純和食に傾いたメニューになり、あまりレパートリーが無いことが悩みの種でした。もう少しレパートリーを増やしたい、そして便秘解消に関して効果をあげたいと思った時に、キノコ類である榎が便秘解消に凄く良いと聞いたのです。
それを聞いてみると確かにえのきは効果があることの心当たりがありました。外食をしてもえのきのベーコン焼とかすき焼きとかちょっとしたことに使われていることが多いえのき。そしてそれを食べた翌日は余り消化をされまないためか、そのまま体外に歳出されるということが多かったのです。多分腸内を通る間にほか貯まっていたものも外に出してくれる効果もあるのでしょう。排泄量も多くなり、自然に便秘が解消できることを思い出しました。
えのきも便秘に関して食物繊維を含むもので効果があるということを実感しましたね。また料理の仕方も簡単です。灰汁をとる必要もないし、どんな料理にもあわせることが出来ます。またそのままカットせずに使用もできますし、みじん切りにすることも簡単。そのような調理法から、私は便秘で食物繊維を積極的に摂取したい時には、えのきを食べるようになりました。
それからは我が家の便秘解消メニューはえのきを使った物。子どもでも大人でも効果があるので、助かっています。実はもう食べ過ぎてエノキを食べたくないという7歳の子供もいるのですが、餃子やハンバーグなどまぜてしまえば全く分からないので、今でもえのきはふんだんに使用しています。子どもをカモフラージュすることも簡単な食材で助かっています。