コンテンツへスキップ

便秘解消のために発酵食品を食べています。

長年便秘に悩まされていましたが、発酵食品が便秘解消に効果が高いと言うことを知って、積極的に食べるようにしています。
特に発酵食品であるヨーグルトや納豆には、「乳酸菌」が豊富に含まれており、手軽に食べられますので常に冷蔵庫に置いてあります。
しかし、乳酸菌は常在菌のように腸内にずっととどまるということはないそうで、毎日食べ続けるようにしなければなりません。
乳酸菌にはヨーグルトなどの「動物性乳酸菌」と、納豆やお味噌、お漬物などの「植物性乳酸菌」の二種類があります。
動物性乳酸菌のほとんどは胃酸などで死んでしまうようですが、死んだ乳酸菌だとしても腸内の善玉菌を増加させる要素となるそうです。
そのため、便秘に効果がある善玉菌を増やすことになりますので、便秘に効果があると言われています。
そして、オリゴ糖と食物繊維も一緒に摂取することで、さらに善玉菌を増やす効果がアップできるのです。
そのため、ヨーグルトを食べる際にはオリゴ糖シロップとシリアル、バナナやリンゴなどの食物繊維が豊富な果物を一緒に入れて食べています。
オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。
そして、食物繊維は腸内を酸性にして悪玉菌を抑制する作用がありますので、便秘解消の効果がさらにアップするようです。

毎日の食事には必ずお味噌汁を作って、ぬか漬けやキムチもあわせて食べるようにしています。
発酵食品には善玉菌を増やしてくれる乳酸菌が豊富に入っていますので、以上のように食事の見直しをしたことで和食中心の食事となって、さらに適度に運動をするように心がけるというライフスタイルを継続してみたところ、今では便秘に悩まされることがほとんどなくなりました。
発酵食品は私の体に合っていたようです。