コンテンツへスキップ

仕事の激務で便秘に

元々私は便秘とは縁がありませんでした。しかし、仕事が激務の時期に、一度だけひどい便秘に悩まされたことがあります。
いつも仕事が激務になった時は海外旅行などをして息抜きをします。その時はスペインのマドリッドに観光に行きましたが、体調は悪化して1週間、お通じがなく、お腹がパンパンに張って腹痛に悩まされました。
その時は食事を摂る時間も勿体ないほど忙しくて、食べるものは仕事をしながらでも食べることの出来る、
コンビニのおにぎりやパンばかり。
思い出してみると野菜や果物類といったものは一切食べていなかったように思います。
それに加え、激務によるストレスで私はいつもイライラしていたし、常に緊張しているような状態でした。
トイレに行く余裕さえありませんでしたから、尿意を我慢出来なくなってトイレに駆け込み、
済ませたら急いで自分の持ち場に戻っていました。
ゆっくりと便座に座る余裕がなかったのも、便秘の原因かもしれません。
しかし、お腹の張りと腹痛で仕事への集中力が途切れるようになり、仕事の効率も落ちていったため、
これはダメだと、初めて便秘の対策へと乗り出しました。
「下剤」を使うのは、どうしても抵抗があった私。
実は昔、病院で処方された下剤を使って、ものすごい下痢になり、入院一歩手前までなりました。
ただ薬が合わなかっただけでしょうが、その時の恐怖で下剤は使えなかったのです。
とりあえず、ネットで調べたありきたりな情報を試してみることに。
水を1日2リットル飲む、セロリ、レタス、大根、バナナ、りんごを食べる。
その時は水と野菜と果物ばかり食べていたと思います。
それだけで効果が出るとは思えませんでしたが、とにかく藁にもすがる思いでした。
結局、1週間溜まった便はなかなか排出されず、市販の下剤を使うこととなりました。
下剤は、普通は2錠使うところを1錠だけにしてみました。
すると、柔らかめの便がスッキリ出てくれました。
こんなことなら、もっと早く下剤を使えば良かったかな、と思いました。
しかし、もしかしたら、野菜や果物をしっかり摂ったことで、下剤の効果と相まってお通じがあったのかもしれません。
これからはストレスと食生活に気をつけて、便秘を回避したいと思います。