コンテンツへスキップ

私が便秘を解消した方法 私は学生の頃、便秘に悩んでいました

学校に行っている間は排便をしたいと思っても恥ずかしさから我慢してしまい、家に帰ると便意がなくなってしまうということの繰り返しで何日も便が出ないということが続いていました。そしてこのような生活を送り続けたせいで、学校を卒業してからも便秘は治ることはなく、とても苦しい日々を送っていました。 しかし、市販の便秘薬や浣腸には頼りたくなかったので自力で便秘を解消させる何かいい方法はないかと思い、インターネットで便を出すための様々な方法を調べることにしました。そしてその中でいつでもできる非常に簡単な方法を見つけ、実践することにしました。 その方法は、鼻からゆっくりと5秒間かけて息を吸い、その後に10秒間かけて口からゆっくりと息を吐き出すというものでした。これをすることで気分が落ち着き便が出やすくなるそうで、最初は半信半疑だったのですが便秘が解消されるのならと思い、暇があればこの呼吸法を試してみることにしました。そしてトイレに行った時も力を入れて出そうとするのではなく、この呼吸法を使って時間をかけてゆっくりと排便することにしました。 すると、今まで無理矢理出そうとしていて力を入れるだけで結局何も出なかったということが多かったのですが、気分をゆっくりと落ち着けてこの呼吸法をすることによって、自然と便が出るようになりました。自分でも信じられないのですが、便意を感じなくてもトイレに行ってこの呼吸法をすることで最低でも一日一回は便が出るようになったので、おなも非常に楽になり便秘で悩んでいたことが嘘のようになりました。 今では便秘は過去のこととなり、便秘薬や漢方、浣腸などに頼らなくても自分の力で便秘を解消することができたことを、とても嬉しく思います。