コンテンツへスキップ

胸が大きな女は偉いのか?

胸、わたしは小さいです。
母もかなり小さいです。完全なる遺伝のちっぱい。自分が小さいと認識したのは高校生。中学生はスクール水着くらいで、どちらかというと胸を押さえつける感じだったのであまり気にしていませんでしたが、高校生ともなると、みんなで海にいくこともあり、つまり、ビキニを着ることになりました。スクール水着のピタッと抑えるものから
バストアップさせる、いわゆる魅せる水着に。友人たちの胸はやわからく大きく、とても充実。胸があるせいか、こころなしか、くびれも強調されているような。一方わたしは、ビキニのカップが板の上にただ乗っているだけで、カップのなかには隙間がたっぷり。あきらかにスカスカ。悲しいことにペコペコ音がなったり、押すと押したままのあとが。とても貧相で悲しかったです、しかもつらいのは、やせていて胸がないのではなく、ある程度のふっくらした体型で胸がないこと。胸がある人の反対で、ふとましさが強調されている気がしました。恥ずかしい、ただそれだけです。こうした、自分だけで恥ずかしい、悲しいと思うならいいのですが、一番つらかったことは、地元で五人で仲良くしていたのですが、わたし以外の四人からキツイことを言われたことです。あなた以外はみんな胸があるの、あなたは小さいから可哀想だね、彼氏もできにくいねと、そんなことを思っていたのかと、ショックでした。むなしかったです。なんかみくだされた気がしました。胸が大きな女は偉いのか?