女性にとって、加齢に伴う肌の老化は気になるものです。そこでさまざまな対策を実行し、アンチエイジングに取り組む人が増えています。肌を老化させる原因は、紫外線・乾燥・新陳代謝の衰えなどです。紫外線はメラニン色素を発生させたり、皮膚の深部の細胞を傷つけたりします。その結果、皮膚のたるみ・しわ・シミなどを引き起こします。「日焼け止めを塗布する」「肌を露出しない」などの方法で、紫外線をブロックすることが大切です。また、肌の乾燥もしわやくすみの原因となります。保湿化粧水・パック・マスクなどを使い、肌にたっぷりと潤いを与えましょう。新陳代謝の衰えは、肌細胞の代謝を遅らせてしまいます。それをカバーするためには、良質な睡眠を毎日七時間ほど取るのがベストです。就寝後には、三時間にわたって成長ホルモンがたくさん分泌されます。するとダメージを受けた肌細胞の修復や、新たな肌細胞の生成が行われます。これによって肌を美しく保つことが可能となるのです。こうした対策を地道に行い、アンチエイジングを成功させましょう。