コンテンツへスキップ

肌が敏感で化粧や洗顔などがあわない

学生の頃や社会人になりたての頃は肌のつやもよく吹き出物や肌の異常はまったくなかったのですが、年齢が20代後半になってくると肌の状況もかわってしまいました。これまでは肌の手入れを少しおこたってももとに戻っていたのですが今は肌の乾燥や肌の吹き出ものの数の多さにまいってしまいます。吹き出ものもかゆみがあります。肌はもともと敏感で若いころは顔を水で洗ったりするぐらいでした。しかし肌のトラブルが多くなってから手入れをするようになりました。弱酸性の洗顔をつかってみたり肌の保湿クリームも肌に優しいと言っているものを購入しました。化粧品なども肌のトラブルを隠せる程度でいろいろためしましたがどうしてもそこから悩みがふえました。まず弱酸性といわれている洗顔をつかっても洗ったあと肌の調子が悪く保湿クリーム等を使っても合いません。そして一番やっかいなのは肌のトラブルを隠すための化粧が余計に肌のトラブルを引き起こすことです。化粧をしてすぐに肌にかゆみがでたり顔の肌の呼吸ができないことです。顔だけでなく手のほうもやはり敏感で洗剤や何か薬品や化粧品を使うときにも顔の肌とまではいかないですが手の皮がすこしむけたりかゆくなったりします。よく人によっては良い化粧品などを何度もためして選んでいくと思いますが肌の状態が常によくないとそうはいかないのでどうしようか悩みます。一度は皮膚科にいき相談したのですが人より敏感だということで薬をもらったぐらいで改善までにはいたりませんでした。